無利息期間とは

無利息ローンでお金を借りる

無利息期間のあるキャッシングがある

無利息期間のあるキャッシングがある

通常のキャッシングでは利息というものがつきます。
キャッシングというのはお金を借りることですから、その借りている期間は利息分を払うことになります。
ですが、金融機関のサービスによっては、無利息期間というものを設定しているサービスもあります。←無担保ローンとは
この期間は利息がつきませんから、非常に魅力的なサービスといってもいいでしょう。
通常、このようなサービスを設定すると、金融機関は収益を上げることができませんから、このようなサービスは稀なのですが、さまざまな目論見もあって、このようなサービスを提供していると考えられます。
例えば、利用者を増やす目的であったり、知名度をアップする広告目的であったりといったような感じです。
イメージアップ戦略といったようなこともあるかもしれません。
さまざまな理由が考えられますが、このような無利息期間があるということは、そのサービスを利用する人にとっては非常にありがたいことです。
ちょっと計算するとわかることですが、利息というのは非常に大きなものです。
金融機関はすべて、この利息によって営まれているわけですから、利息による収益がどれぐらいなのかもわかります。
ですから、このようなサービスを利用する場合はしっかりとその期間を把握しておくことが大切です。
一定期間が無利息なのですから、その期間が過ぎればもちろん利息がつくようになります。
ですから、それまでにしっかりと返済できるように考えておくことが重要です。

有担保ローンとは担保なしで借り入できるローンの総称

担保なしで借りられるローンに対して、担保を必要とするローンを有担保ローンと呼んでいます。 身近な消費者にとってローンといえば、キャッシング、フリーローン、カードローン、女性専用ローン、学生ローンなどの無担保ローンをイメージするかもしれませんが、実際には担保を必要とするローンのほうが圧倒的に多いのです。 わかりやすい有担保ローンには、住宅ローン、クルマのローンがあります。 住宅・クルマが担保となり、万が一返済が滞った場合に処分の対象となります。 大口ローンですと、不動産担保ローンも有担保となり、こちらは不動価値の7割程度の現金を借り入れできるものです。 住宅ローンよりも融資額が大きく、私たちが利用するローンのなかでは最大融資額となっています。 有担保ローンと無担保ローンを比較した場合、無担保のほうが有利に感じるかもしれません。 担保を設定するということは、万が一のときに手放すリスクがあることを意味します。 それならば、担保なしのローンのほうが安全に思えるでしょうが、そこはうまく調整しています。 カードローンのなかにも、有担保型と無担保型を用意する金融機関がありますが、総じて言えることは有担保型のほうが金利が低いことです。 担保が保証となるため、金融機関側としては回収不能になるリスクが低く、金利の引き下げとして提供できるわけです。 確実に返済できる見込みがあるならば、あえて担保を設定したほうがお得に借り入れできるでしょう。